美術館2005年06月05日

長崎美術館が 水辺の森に建った。
今日始めて行った。 
美術館の二つの建物の間をキャナル(溝か?)が通っていて水を感じた。
ガラス張りの建物なので 
長崎の港、海、空、山にへばりつくように密集している家々など、戸外の空気も感じた。

前は山のふもとにあり森の中の穴倉的雰囲気で、昭和レトロ一杯で好きだったけど、閉塞感のないこの新しい美術館も気に入った。


特別展示は須磨コレクション。スペイン絵画。

小さな命2005年06月10日

花の種を蒔いていたら芽が出てきた。
小さな種だったので蒔く時上手く蒔けなかったのだろう、一箇所に固まって芽が出ていた。
本葉が出てきていよいよ窮屈そうになった。
でも間引きをするのはかわいそうで、一つずつ大事に移植した。

 1cmほどの草丈。その根をいためないように植え替えるのには時間もかかり腰も痛くなった。

 間引きなんてとんでもない。それぞれに 大きくなってきれいな花を咲かせてもらいたい。
小さな芽に宿る命、生命力 いとおしいなあ。  
と、言いながら
一方では雑草と分かるや否や1mmほどの芽でも容赦なく抜き取ってしまう私。
 
 何が小さな命、だ(`´)  ご都合主義丸出し。

自然との共存、なんて声高に言っているのだが、共存の意味を見際わめ 常に罪の意識をもって 自然との共存、と言わなければね、(すべての命が上手く共存できるわけないんだから。)

自慢のワンコを雑誌に載せよう2005年06月10日

ええっ!世の中こんな投稿誌があったのだ、と目が点になってしまった。
しかし、良く見るとワンコだった。
興奮状態が一気に苦笑いに…
 そうだよね、そんな雑誌誰もみないよね。かわいいのは自分の○○○だけだものね。
 ちなみに浮く○○○は健康的な○○○って本当?友人のご主人が言ってるんだって。ほんとかな??