誕生日2009年03月02日

昨日は私の誕生日。

娘が(婿さんは出張中)ケーキとプレゼントをもって祝いに来てくれました。 なんと台所に立ち、トマトのベーコン巻きを ササッと作るではないですか。ミニトマトがベーコンからあふれ出て不格好ではあったけれど ベークドトマト美味しかった。 材料を持ってきて作りましょう、と言う、その行動が何よりのプレゼント。
 もちろん、プレゼントのバッグもセンス良くって嬉しかったけれど(^_^)

一人暮らしの息子も娘と入れ替わりに 来てくれました。
彼は今 学生。 ライブの帰りで遅くなったようです。ギターを弾いてます。
 誕生日だから今日ライブに招待しようかな、と思ったんだけど、
と、言うのです。 
自分の聖域に招待しようと思った!
しかも今日が母親の誕生日だと覚えていた!
それが何よりのプレゼントだった。

遠く鹿児島で暮らす息子。
彼の携帯の留守電に「今日は私の誕生日なんですよぉ」って入れていたら、後から電話あり。

彼が学生の頃 お祝いメッセージが来ないからしびれを切らして電話して
「今日何の日か知ってる?」と 聞いたら
  「豚の日でしょう(^_^)」と、
何じゃそれ、と思って調べてみたら 確かにアメリカで豚の日、ってのが3月1日にあるのでしたーー。

ま、子供達、それぞれ 元気に楽しく暮らしていることを確認できた良い日でした。

P.S 実家の母からは勿論電話あり。私が生まれた午前10時半頃 元気な赤ちゃんでほんとに嬉しかったと、
母には生んで育ててくれて有り難う、です。

病院の長いすに座って2009年03月05日

庭の水仙
乳ガン検診の為に総合病院へ行く。
待たされる事は覚悟して 文庫本を持って行く。 

○○さ~ん、と自分の名前を呼ばれると  ON
私だ、
指示を受ける。
検査室の前で又順番を待つ。
本を開く OFF

○○さ~ん ON
次の指示で次の検査室へ。
順番を待つ。 続きを読む OFF

誰からも認識されず 名前を呼ばれたときだけ、ピョコリと自分になる。


いつもONの自分なのに 


 結果は、白、でした。

ダブリンの街角で2009年03月10日

今日見た 映画
舞台は
ダブリン、アイルランドの首都。
アイルランドの音楽は好きで アイリッシュハープ ティンホイッスル などの音が好きなんだけど

そんなアイリッシュ音楽は一切出てこないが ストリートミュージシャンの話

年老いた父親を郷里に一人残し
旅立つ事を躊躇している息子に
「行きなさい」と
息子の夢の実現への旅立ちを
後押しする、
そのシーンが印象的

自分の人生を精一杯 生きてくれてこそ
親は嬉しい。