新婚時の家の話2016年03月02日

結婚して、小さな家を借りた、
隣が大家さん。
古い作りの家を少しリフォームしていた、でも借りた当初は 障子と雨戸でまだ窓ガラスの戸ではなかった。
2年半住む家にガラス戸に変わった。

車はちょっと離れた個人タクシーの駐車場を借りて、電話もなく
個人タクシーの近くに公衆電話ボックスがあった。

南は牛の飼料となるアルファルファを植えた畑があった、
アルファルファと若いときから物知りの夫が教えてくれた。
東は国道、
西は大家さんの果樹畑。
北は生け垣があって親さんの玄関前の庭。

引き戸になっている板戸(ごっつい戸で裏は棧があった)を開くと3畳の畳
そこが玄関。
玄関奥が3畳ぐらいの広さの畳の部屋。 そこからトイレ くみ取り
風呂、台所に直で行けるようになっていた。 私たちはそこにダイニングテーブルを置いて、椅子を2脚置いた。
そこで食事をしていた。

3畳の部屋の右が風呂で、左がメインの部屋。6畳。
仏壇をおくような棚が有り、そこにテレビを置いた。
ピアノもその部屋に置いた。
冬は炬燵を置き、いわゆる居間にした。

6畳部屋の北側、大家さんとの境の部屋を、寝室にした、3畳の部屋。
6畳の部屋に寝ても良かったのに、3畳の部屋を寝室にしていた。
そこには買ってもらった重いタンス、いわゆる婚礼セットという物を棟ぞはまだ結婚する女性は用意していたが 転勤もあるし、母が買わなければならないみたいな意識を持っていたけど、説得してやっとそのチェストだけにしてもらった。 いまでも活用しているタンス

3畳の部屋には1間の押し入れがあり上は布団
下は、少年漫画の週刊誌をため込んでいた。
なぜか夫が少年週刊誌の大人買いをして、週に4誌、買っていた。
冬など二人で炬燵にもぐり込み、ミカンを山ほど積み上げて 漫画に黙々と読みふけっていた。

おそらくすきま風は吹くし、台所も狭くて使いにくかっただろうと思うが、そんな不便は覚えていない。
夫が出張の時などは ふすまと雨戸の時は怖かったんじゃないかなと思うけれど、そんな記憶はなく
教育テレビを一人で見ていたのを思い出す、
教育テレビって面白い、と病みつきになっていた。

父と母が来てくれた。
妹が北海道旅行の帰りに寄って、夫のバイクに乗って説明も聞かないうちに走り出して こけて、足の指を骨折して帰りはスリッパを片方は履き、帰っていった。
夫の弟夫婦と 義妹の弟妹が夏に来て 海で泳いだ。


トイレがくみ取りだったので、しかも下に土管みたいなのがおいてあるようなトイレだったのがいやだったなあ。

良くゴキブリもでた。いも類をかじられていた。

そうそう、3畳の押し入れに猫がいつの間にか入っていて子猫を生んでいた。 私たちが気づいたから 親猫が子猫の首を咥えて一匹ずつ運び出してしまった。
あら、かわいい、って段ボールに布をしいて 子猫を入れた
それをどこからか戻ってきた親猫がやばい、と思って連れ出していた。

3畳の部屋でダーツをしたとき、矢が一つ、外に飛んでいった。
障子を開けてしていたのだろう、
外を探せども、狭い犬走りがあるだけなんだけど 
見つからず 二人で 異次元に飛んでいった 雲隠しだ と
笑いながら納得しておしまい。

夏休みは私の仕事は休みなので 夫はお昼ご飯を食べて 6畳の部屋に横になり また仕事に戻っていった。

一人の時間、何していたのだろう?
何して過ごしてたのだろう?
電話もないし、
パソコンも
本を読んでいた記憶はないし、、、、

まだ料理もうまくなく
夫が
新婚家庭はごちそうがいっぱい並んでいるのだけど、、と
彼はからかったのだろうが、
私は、心の中で、だって大学、卒業、仕事、って料理をする時間がなかったのだもの、と反発した。 そこら辺から今の夫婦の関係は始まっていた
おそらく 腹が立って 嫌な思をしただろうに
その思いをきちんと伝えないという 私の姿勢、

きちんと伝えて話す姿勢さえ、私が持っていたら
二人の間の色々な思いを二人で話す週間さえつけていたら

今みたいな夫婦関係にはなっていなかったのだろう戸、そのスタートを後悔している

夫婦関係は、試行錯誤しながら育て会うべきだったのだけど

まあ、そんな、子供みたいな生活を 古い家で過ごしました
2年半。