映画 緑の楽園2022年07月01日

1944年アメリカ映画。でもう舞台はイギリス。イギリスで肉屋を営む家族の4人の子供の一人、12歳の馬に恋する少女の話、 その少女かわいい、と思って調べたら、なんとエリザベス テーラー 12歳のエリザベス 乗馬もうまい、演技もうまい、美少女。 大女優になってからのエリザベス テーラーしか知らなかったので驚いた。 イギリスの田舎の町、家族が家族らしい時代。  そして、なんと16歳ぐらいのこの家の長女はボーイフレンドと街中で話をするのは下品、そして頬へのキスに顔を赤らめる そんな時代の話なんだなあ、、 家族において 母親、というものは かくあるべきという理想の母親、まぶしいな、私はそんな母親ではなかったから、、、後悔しても 遅い、それだけしかない人間はそれだけのものだからね、"(-""-)"  21歳でドーバーを泳いで渡った母親が 娘の夢を応援している 夢は将来の道しるべ、と

映画 夏をゆく人々2022年07月01日

アマゾンプライムで見た映画。 養蜂家の家族の生活が7描かれている。エトルリア遺跡も数多く残るイタリアのトスカーナ。、昔ながらの養蜂。蜂がぶんぶん舞う中 12歳の少女と父親が世話をしている。子供のような父親。外に寝て、娘をこき使う。ラクダを買う。 最後、ドイツ人の男の子がどうなったのか 気になる、 イタリアの女性監督アリーチェ・ロルバケルはこの作品でカンヌ国際映画祭グランプリを受賞。 古いイタリア映画を まったく違うのだけど なんだか思わせた。

失われたTOKIOを求めて 高橋源一郎2022年07月01日

NHKのラジオで毎週金曜日の夜 「高橋源一郎の飛ぶ教室」という番組があります。散歩中、聞き逃しで偶然聞いてから すっかり はまってしまってます。 私より少し上の年齢の高橋さん。もうリタイアして残りの人生を過ごしている というイメージの世代の人です。作家さんなので 社会の組織に組み込まれて生きてきてないのだろうと思う、思考が、好きです。おじさんの説教的な話ではないのが 好きです。おじさんの人生論をぶたないのがいいです。 という番組を聞き始めてから 高橋源一郎さんの小説、エッセイ本など ぼちぼち読んでいるのですが、 小説は どうもはまりません、 エッセイが断然面白いです。 数少ない読書量ですが この本、今までの彼の本の中で、最高に面白かった 世代が被るというのもあって、でしょうが 東京オリンピックの話には涙が出ちゃって、なぜか、、、 2学年違えば大きな違い、それは学生運動。 学生運動がピークだった人達と もう下になってたた私の学年とは 2年でずいぶん違う。 でも かれがデモに参加していたあの空気間 私の時にも 少しだけ残っていたから 面白買った。 失われたTOKIOだが失われた70年代とい副題がついてもよかったぐらい、東京に縁のない人にも楽しめた。 おすすめ 喜寿周辺の人には特におすすめ