ヒトラーに盗られたウサギ2022年06月14日

ナチスに関連する映画続きだけど ジュディス カー という絵本作家の少女時代の実話。アンネはホロコーストで死んだ少女だったけど 彼女の父がヒットラー政権に反発する意見を書いていた著作家で ヒットラーが政権をとったら すぐとらわれることがわかっていたから 選挙がある前に国外に亡命するしかなく亡命していた。スイス、フランス、最後はイギリス、と たくさんの絵本を書き 日本にも多くの愛読者を持っている絵本作家になったジュディス カー   いつも二人で という絵本も読んでみたい。

ちょっと今から仕事辞めてくる2022年06月14日

NHKBSで放映された映画。 映画のはじめの映像に、引き込まれて、見てしまった。 仕事は生きがいになったらいいのだけれど 生きる自分が否定される仕事だったら 命を削るほどメンタルやられてしまうのだったら、それは、仕事じゃない、と、私も思う。 ちょっとファンタジーっぽく だから 暗い穴にひきずりこまれなくて よかった。自死を考えていた主人公は謎の人物に 何度も明るく死ぬすんぜんで止められた。 自死を考えるときって 自分をやめたいときなんだろう、と思う。 仕事で自分をやめたい思いになったら その仕事をきっぱりやめる。 そして考える、楽しいことあるよ、自分が人のためになれることあるよ、 いま仕事をやめ 無職になった息子を持つ友人がいる。彼女は、それを考えると 息ができないぐらいに苦しくなるといっている・ その彼女の話を聞くだけしかできないのだけど そのうちどうにかなるはずだから 待つ、何も聞かずに待つ、 信じて待つ、と心の中で、彼女にエールを送っている。 私の考えていたことは あながちとんちんかんなことではなかったな、と 二人の若者をみてて そう思った。

幸せはここにある here today2022年06月14日

2021年 アメリカ映画 ビリークリスタル 主演 監督 こんな映画が好きです。 認知症症状が出始めたチャーリーが家族の本を書く コメディの脚本家チャーリーが家をここに決めたのはイッツアーク パールマンのバイオリンを練習する音が聞こえるからだ、と 家族の話を書いているときもバイオリンの音が聞こえてきた。 エマが庭で踊ろうと二人でパパールマンがバイオリンの音で二人で踊る、そこにちょっとパールマンの指が、そして斜め後ろ横顔が写って 本物なのか、と調べてみたら 本物パールマンだった。 それが驚き、もちろんn映画もよかった。 美しきロスマリン