ジェーン・スーンを読む2022年06月27日

友人マルが紹介してくれたジェーン・スーの、女に生まれれてもやってる 対談相手の中野さんも 二人して世の中の女性の立場、それにとらわれていおんな本人に風穴があくかんじ。 そして次世代も頑張ってほしい。 ジェーン続きで読んだ  生きるとか、死ぬとか父親とか は女に生まれてより、もっと超、面白かった。 原田マハの父親話しも面白かったけど ジェーン・スーの父親もっとすごい、ジェーンもすごいが 父親との対話を面白がって読んでいくのだが 母親が通奏低音のようにエッセイの全編に流れている。 父親が破産して 家族の家を手放すことになる、その辺から大変な話を聞いてる、という感じになり そんな話聞くのって 体力いると、思いつつ、読み切った。 ひょうひょうとした父親 父親のことを嫌いながらも ねじれながらも娘としての愛情で 距離をおきつつ 思っている、 この本、超おすすめ

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://saintpaul.asablo.jp/blog/2022/06/27/9503976/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。