旅のつばくろう2022年07月24日

沢木耕太郎著 旅エッセイ本、 深夜特急を香港マカオに向かう飛行機の中で 息子が面白いよ、と自分のバッグから取り出した。 沢木耕太郎が20前後の旅だと思うから、私たちの香港旅行より20年前になる。夫より2歳年長だから 団塊の世代の人なのだけど その頃はナホトカからシベリア鉄道でモスクワ、へ、そしてヨーロッパへ、という旅が若者、(私も含めて)あこがれの旅だった、バックパック一つ背負って、昔はリュックって言ってたけど、 その著者、結局旅から戻って6巻、全部読んだ、 その著者の本を久しぶりに読んだ。 彼の旅は 好きだ。名所旧跡、おいしい物などほとんど出てこない、 旅の本質みたいな そんな旅エッセイ。 良かった。