チェルノブイリの祈り2022年07月09日

チェルノブイリの原発事故が1986年4月26日に起こった。 原発事故がどれほどのものであったのか 報道されていたし 原爆症にかかった子供たちが日本で治療を受けている話も聞いたけれど 当時、子育て真っ最中の私は よその国の大変な事故ぐらいの認識だった。そして今それも忘れかけていた。 25年前の過去の話として、 高橋源一郎の飛ぶ教室で戦争は女の顔をしていない、 とか 亜鉛の少年たちの 本を紹介していた。ロシアのウクライナ侵攻もあり。 すぐ近くの図書館で 本を借りているのだけど 小さい図書館だから 蔵書数も超少ない。でもリクエストしたら 市内の図書館、すべての蔵書の中から借りることができるので いつもはそうしている。 でも、今回地元図書館に 返却に行ったとき もしかして スベトラーナ アレクシェービッチの本が、あるかな、と検索したら、なんとありました。 チェルノブイリの祈り、が。 本棚の一番下にありました。本が古いせいか 少しにおいがありました。 聞き語りです、幾人もの人の話が次々と出てきました。 とても25年前の出来事のようには思えない、ついこの前のつい昨日の話のように 人々が話している声が聞こえてくるようでした。 このような話は  過去の出来事ではなく いつまでも今の出来事なんだ、と読みながら感じました。最初の若い妻の話を読むときは涙があふれてとまりませんでした。 読み進むうちに 慣れ、、?でしょうか、 淡々とあるいは感情をストレートにぶつけたりと、話す話に 涙なく、読んでいました。 彼らの思いを受け止めることが 語ってくれた彼らに応えることなのだと わかったせいでもあったのでしょう。 ソ連、ロシア、ソ連から独立した周辺の国々がいかに大変な時代を生きてきているのか 今回のロシアのウクライナ侵攻も その昔からの流れの中で くすぶっていて それが 時を得て行われた侵攻であるのかも ということも  チェルノブイリやその周辺の村の住民の様子の行間から、少し垣間見えたようにも思える。 日本は今 電力不足で原発の再稼働を考えたらどうか、という人もいる、しかし 本当に安全な原発というのは ありえないのではないか、と思う、 東北の地震で起きた原発事故も その証拠だと思う。 スベトラーナのほかの作品も読みたいと思う。

何とかならない時代の幸福論2022年07月11日

ブレイディみかこ×鴻上尚文 NHK Eテレ「SWITCHインタビュー達人達」で反響を呼んだ対談を、未放送分も含めて収録。またコロナ後、あらたに行われた対談も収録した、 何とかならない時代の幸福論 このタイトル、よくりかいできない。 なんとかならない?この時代、ってことかなぁ イギリスの学校教育で 対話とかディベートとかに重きを置いている話、それを聞くと焦る、 私の幼少期、子供たち、そして孫たちの時代に至っても学校教育は知識を覚えるところ、だった。社会に出てから、組織にすんなり組み込める人々を製造してたってことなのかも、 自分の考えを持ち 違う考えの他を否定するのではなくお互いの考えを損傷しあう そんな社会で あれば いいなあ、、 現実は世界中、あちこち紛争だらけ、、、

旅のつばくろう2022年07月24日

沢木耕太郎著 旅エッセイ本、 深夜特急を香港マカオに向かう飛行機の中で 息子が面白いよ、と自分のバッグから取り出した。 沢木耕太郎が20前後の旅だと思うから、私たちの香港旅行より20年前になる。夫より2歳年長だから 団塊の世代の人なのだけど その頃はナホトカからシベリア鉄道でモスクワ、へ、そしてヨーロッパへ、という旅が若者、(私も含めて)あこがれの旅だった、バックパック一つ背負って、昔はリュックって言ってたけど、 その著者、結局旅から戻って6巻、全部読んだ、 その著者の本を久しぶりに読んだ。 彼の旅は 好きだ。名所旧跡、おいしい物などほとんど出てこない、 旅の本質みたいな そんな旅エッセイ。 良かった。