悲しみとともにどういきるか2023年03月11日

世田谷 一家殺害事件の遺族である入江杏さん、主催のミシュカの森、という会で講演したり、寄稿した 6人の人の話です。 世田谷の事件はあまりに衝撃的で 記憶にありましたが 事件の被害者家族の思いについてはせることが 恥ずかしながらありませんでした。ころされた母親のお姉さんが入江杏さんです。殺された子供達と同じ年頃の子供達もいる杏さんの家族です。 子供が、ぼくたちはもう、クリスマスのお祝いはできないね、という言葉 そんな遺族達の心の文を読みながら涙が止まらなかった。 柳田邦男、若松英輔、両人は私の 心のよりどころになっている作家の人達ですが 彼らの講演も同じく泣けて仕方なかった。 私の心も喪失感 という大きな袋の中に日常があるみたいなものだから このような言葉、に心揺り動かされます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://saintpaul.asablo.jp/blog/2023/03/11/9568551/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。