映画 すべてが変わった日2022年06月30日

アメリカ映画 すべてが変わった日。Let him to go 1960年頃のアメリカの田舎町 内容は知らなかったけど ダイアン、レイン目当てに見る、夫にはケビン コスナー、 見終わって 複雑な思いが残る。 妻が 死んだ息子の嫁さんの再婚相手の家族、暴力的な家族から孫と元嫁さんを連れ出したい、と遥々訪ねていくのだが、話は通じず、法はその家族には通用せず 広大なアメリカの田舎町、法など通じないというの、今のアメリカにもありかも、、もしかしたら、超田舎、開拓時代のような精神が残る場所、自分たちの言い分は自分たちで守り通る、という自分たちに都合のいい法。 で、結局 暴力の応酬、夫(ケビンコスナー)は 孫を救いだす中で 殺されてしまうのだが、 向こうの家族も全員死ぬ。 妻は 孫と元嫁を連れ帰る、そこで終わり、、 妻が 孫を連れ戻したいと考えなければ夫は生きていたのに、 夫の命と引き換えに孫を、、 そこが複雑な思い、 夫を失っての帰り道 妻は成し遂げたことを満足しているのだろうか、

ジェーン・スーンを読む2022年06月27日

友人マルが紹介してくれたジェーン・スーの、女に生まれれてもやってる 対談相手の中野さんも 二人して世の中の女性の立場、それにとらわれていおんな本人に風穴があくかんじ。 そして次世代も頑張ってほしい。 ジェーン続きで読んだ  生きるとか、死ぬとか父親とか は女に生まれてより、もっと超、面白かった。 原田マハの父親話しも面白かったけど ジェーン・スーの父親もっとすごい、ジェーンもすごいが 父親との対話を面白がって読んでいくのだが 母親が通奏低音のようにエッセイの全編に流れている。 父親が破産して 家族の家を手放すことになる、その辺から大変な話を聞いてる、という感じになり そんな話聞くのって 体力いると、思いつつ、読み切った。 ひょうひょうとした父親 父親のことを嫌いながらも ねじれながらも娘としての愛情で 距離をおきつつ 思っている、 この本、超おすすめ

[話が通じない」の正体2022年06月25日

話が通じない」の正体、共感生涯というなぞ  黒川伊保子著 能のメカニズムとか心の問題とか興味があるので いろいろ読んできたけど、 この本は身近な例がいろいろ取り上げられていて ティピカル、とかオーティズムとか初めて聞く言葉もあったけど  そうそう、カサンドラ症候群とかも 、そんな新しく聞く言葉もすんなり入って、面白かった。