旅のつばくろう2022年07月24日

沢木耕太郎著 旅エッセイ本、 深夜特急を香港マカオに向かう飛行機の中で 息子が面白いよ、と自分のバッグから取り出した。 沢木耕太郎が20前後の旅だと思うから、私たちの香港旅行より20年前になる。夫より2歳年長だから 団塊の世代の人なのだけど その頃はナホトカからシベリア鉄道でモスクワ、へ、そしてヨーロッパへ、という旅が若者、(私も含めて)あこがれの旅だった、バックパック一つ背負って、昔はリュックって言ってたけど、 その著者、結局旅から戻って6巻、全部読んだ、 その著者の本を久しぶりに読んだ。 彼の旅は 好きだ。名所旧跡、おいしい物などほとんど出てこない、 旅の本質みたいな そんな旅エッセイ。 良かった。

何とかならない時代の幸福論2022年07月11日

ブレイディみかこ×鴻上尚文 NHK Eテレ「SWITCHインタビュー達人達」で反響を呼んだ対談を、未放送分も含めて収録。またコロナ後、あらたに行われた対談も収録した、 何とかならない時代の幸福論 このタイトル、よくりかいできない。 なんとかならない?この時代、ってことかなぁ イギリスの学校教育で 対話とかディベートとかに重きを置いている話、それを聞くと焦る、 私の幼少期、子供たち、そして孫たちの時代に至っても学校教育は知識を覚えるところ、だった。社会に出てから、組織にすんなり組み込める人々を製造してたってことなのかも、 自分の考えを持ち 違う考えの他を否定するのではなくお互いの考えを損傷しあう そんな社会で あれば いいなあ、、 現実は世界中、あちこち紛争だらけ、、、

失われたTOKIOを求めて 高橋源一郎2022年07月01日

NHKのラジオで毎週金曜日の夜 「高橋源一郎の飛ぶ教室」という番組があります。散歩中、聞き逃しで偶然聞いてから すっかり はまってしまってます。 私より少し上の年齢の高橋さん。もうリタイアして残りの人生を過ごしている というイメージの世代の人です。作家さんなので 社会の組織に組み込まれて生きてきてないのだろうと思う、思考が、好きです。おじさんの説教的な話ではないのが 好きです。おじさんの人生論をぶたないのがいいです。 という番組を聞き始めてから 高橋源一郎さんの小説、エッセイ本など ぼちぼち読んでいるのですが、 小説は どうもはまりません、 エッセイが断然面白いです。 数少ない読書量ですが この本、今までの彼の本の中で、最高に面白かった 世代が被るというのもあって、でしょうが 東京オリンピックの話には涙が出ちゃって、なぜか、、、 2学年違えば大きな違い、それは学生運動。 学生運動がピークだった人達と もう下になってたた私の学年とは 2年でずいぶん違う。 でも かれがデモに参加していたあの空気間 私の時にも 少しだけ残っていたから 面白買った。 失われたTOKIOだが失われた70年代とい副題がついてもよかったぐらい、東京に縁のない人にも楽しめた。 おすすめ 喜寿周辺の人には特におすすめ