映画 緑の楽園2022年07月01日

1944年アメリカ映画。でもう舞台はイギリス。イギリスで肉屋を営む家族の4人の子供の一人、12歳の馬に恋する少女の話、 その少女かわいい、と思って調べたら、なんとエリザベス テーラー 12歳のエリザベス 乗馬もうまい、演技もうまい、美少女。 大女優になってからのエリザベス テーラーしか知らなかったので驚いた。 イギリスの田舎の町、家族が家族らしい時代。  そして、なんと16歳ぐらいのこの家の長女はボーイフレンドと街中で話をするのは下品、そして頬へのキスに顔を赤らめる そんな時代の話なんだなあ、、 家族において 母親、というものは かくあるべきという理想の母親、まぶしいな、私はそんな母親ではなかったから、、、後悔しても 遅い、それだけしかない人間はそれだけのものだからね、"(-""-)"  21歳でドーバーを泳いで渡った母親が 娘の夢を応援している 夢は将来の道しるべ、と

映画 夏をゆく人々2022年07月01日

アマゾンプライムで見た映画。 養蜂家の家族の生活が7描かれている。エトルリア遺跡も数多く残るイタリアのトスカーナ。、昔ながらの養蜂。蜂がぶんぶん舞う中 12歳の少女と父親が世話をしている。子供のような父親。外に寝て、娘をこき使う。ラクダを買う。 最後、ドイツ人の男の子がどうなったのか 気になる、 イタリアの女性監督アリーチェ・ロルバケルはこの作品でカンヌ国際映画祭グランプリを受賞。 古いイタリア映画を まったく違うのだけど なんだか思わせた。

映画 すべてが変わった日2022年06月30日

アメリカ映画 すべてが変わった日。Let him to go 1960年頃のアメリカの田舎町 内容は知らなかったけど ダイアン、レイン目当てに見る、夫にはケビン コスナー、 見終わって 複雑な思いが残る。 妻が 死んだ息子の嫁さんの再婚相手の家族、暴力的な家族から孫と元嫁さんを連れ出したい、と遥々訪ねていくのだが、話は通じず、法はその家族には通用せず 広大なアメリカの田舎町、法など通じないというの、今のアメリカにもありかも、、もしかしたら、超田舎、開拓時代のような精神が残る場所、自分たちの言い分は自分たちで守り通る、という自分たちに都合のいい法。 で、結局 暴力の応酬、夫(ケビンコスナー)は 孫を救いだす中で 殺されてしまうのだが、 向こうの家族も全員死ぬ。 妻は 孫と元嫁を連れ帰る、そこで終わり、、 妻が 孫を連れ戻したいと考えなければ夫は生きていたのに、 夫の命と引き換えに孫を、、 そこが複雑な思い、 夫を失っての帰り道 妻は成し遂げたことを満足しているのだろうか、